借地権付きの住宅

借地権というものが売却できるというのはわかりましたが、借地権付きで建物を売るということも可能なのでしょうか。これも可能です。実際物件の中には借地権付きの物件というものが売り出されています。土地が自分のものにならないのにそんな物件を買う人がいるのかと思う人もいるかもしれませんが、実は借地権付きの物件のほうが土地付きの物件よりも安く購入できるケースが多く、家の購入を考えている人からしても同じ予算でより快適な家を購入できる可能性が高くなってくるわけなので、土地が自分のものにならないということをそれほどデメリットとして捉えない人が多いです

相談また土地が借地であれば固定資産税を支払う必要というものはないので、こうした部分もメリットとして捉えている人が多いです。このように考えてみると借地権に関する知識というのは地主にとっても、借り主にとっても、借地権付きの住宅の購入を考えている人にとっても重要だということがわかります。これから家の相続などが近い将来待っているという人などは今一度自分の親の家がどんな土地に建っているか確認するようにしましょう。もし借地権の問題や売買が関係してきそうな場合は早めに相談できる底地取扱店を見つけておくと良いでしょう。

底地取扱店に相談

借地権の相続やさらには借地権の売却に関しては専門的な知識を有している不動産会社に相談、依頼するのがベストです。地主側は不動産会社との付き合いもあり、不動産関連の手続きや法律に関する知識も豊富なことが多いので、ともすれば借り主側は不利な立場になってしまう可能性もあります。というのも借地権の相続だけならまだしもそれを売却するとなると地主と借り主の間で感情的な緊張などが生じるケースも多く、トラブルに発展してしまうことも少なくないからです。そのため借地権に関係した売買をする場合は個人でおこなうのではなく知識豊かな不動産業者に頼みたいわけですが、全ての不動産会社が借地権の売買を扱っているわけではないのです。

底地取扱店借地権の売買も手がけている不動産会社のことを底地取扱店と呼びます。借地権の売却を考えている方はこの底地取扱店の不動産会社を探す必要があるわけです。一般的に煩わしくトラブルに発展しやすい借地権の売買に関して熟達している底地取扱店であれば地主との交渉までやってくれるところも多いので、借り主側としては余計なストレスを感じることなく事を進めることができて安心です。地主側にとっても借り主側にとっても底地取扱店はありがたい存在と言えます。

借地権付きの住宅

借地権の売却

登記借地権を相続した場合にはまず地主との借地契約の具体的な内容を確認しておくことが大事です。契約者の名前が異なっていたり、契約書が紛失してしまっていたりするということも考えられます。契約書が失われているときにはきちんと地主さんと契約書を締結しなおすことが必要です。また借地上の建物の登記がどうなっているかきちんと確認することも重要です。建物の登記がお祖父様の名前で登記されていたり、叔父さんや叔母さんと共有のものになっていたりするケースも多いようです。きちんと調整や相続手続きをするためにも各書類の状況を把握しておくことが大事です。

そして借地権はただ相続するだけでなく、その後売却することも可能なので、そうしたこともチョイスの一つとして頭になかに入れておくことができます。もちろん借地権を第三社に売るということはその借地の地主にとっても大きなことなので、借地権の売却にあたっては地主との交渉が必要になってきますし、法律や税務関係をきちんとする必要があります。想像に難くないことですが、急に相続をすることになった場合などはこうした複雑な借地権の法律や売却の方法まで把握する時間も余裕もないことが多いので基本的には専門の不動産業者に仲介を依頼するのが賢明と言えるでしょう。

底地取扱店に相談

買取も可能な借地権

相続に関する知識というのは意外と知られていないことが多いものです。自分がその立場になってからやっと勉強するという人が多いですし、素人同士で話し合っていてもなかなかお決まりのことしかわからないということもあります。幸いインターネットの普及のおかげで熱心に調査をする人にとっては難しい不動産相続関連の法律や仕組みも勉強できるようになってきていますが、やはり不動産業者や不動産関連に強い弁護士に相談するほうが物事がスムーズに進むということが多いはずですあ。単純に不動産を相続するというだけでも大変なことですが、場合によっては特定の権利を相続するというケースもあります。多くの人が悩む事柄の一つが借地権の相続です。

借地権借地権というのは簡単に説明すると「他人の土地に建物を建てられる権利」のことですが、マイホームを持っている人の中には「家が建っている土地は借り物」という人も多くいるのです。ですから自分の親の持ち家が借り物の土地に建っている場合、その家を相続すると同時にその借りている土地に建物を建てられる借地権という権利も同時に相続することになります。この場合は地主さんに承諾を得るだけでなく、通知するだけで良いのですが、当然相続財産の一つとして相続税の対象にもなってきますので、借地権に関する知識を持っておく必要があります。また借地権は権利ですので、買取をしてもらうということも可能なもので、親から相続した権利をどう扱うか考える必要があります。

借地権の売却