借地権の売却

登記借地権を相続した場合にはまず地主との借地契約の具体的な内容を確認しておくことが大事です。契約者の名前が異なっていたり、契約書が紛失してしまっていたりするということも考えられます。契約書が失われているときにはきちんと地主さんと契約書を締結しなおすことが必要です。また借地上の建物の登記がどうなっているかきちんと確認することも重要です。建物の登記がお祖父様の名前で登記されていたり、叔父さんや叔母さんと共有のものになっていたりするケースも多いようです。きちんと調整や相続手続きをするためにも各書類の状況を把握しておくことが大事です。

そして借地権はただ相続するだけでなく、その後売却することも可能なので、そうしたこともチョイスの一つとして頭になかに入れておくことができます。もちろん借地権を第三社に売るということはその借地の地主にとっても大きなことなので、借地権の売却にあたっては地主との交渉が必要になってきますし、法律や税務関係をきちんとする必要があります。想像に難くないことですが、急に相続をすることになった場合などはこうした複雑な借地権の法律や売却の方法まで把握する時間も余裕もないことが多いので基本的には専門の不動産業者に仲介を依頼するのが賢明と言えるでしょう。

底地取扱店に相談