借地権付きの住宅

借地権というものが売却できるというのはわかりましたが、借地権付きで建物を売るということも可能なのでしょうか。これも可能です。実際物件の中には借地権付きの物件というものが売り出されています。土地が自分のものにならないのにそんな物件を買う人がいるのかと思う人もいるかもしれませんが、実は借地権付きの物件のほうが土地付きの物件よりも安く購入できるケースが多く、家の購入を考えている人からしても同じ予算でより快適な家を購入できる可能性が高くなってくるわけなので、土地が自分のものにならないということをそれほどデメリットとして捉えない人が多いです

相談また土地が借地であれば固定資産税を支払う必要というものはないので、こうした部分もメリットとして捉えている人が多いです。このように考えてみると借地権に関する知識というのは地主にとっても、借り主にとっても、借地権付きの住宅の購入を考えている人にとっても重要だということがわかります。これから家の相続などが近い将来待っているという人などは今一度自分の親の家がどんな土地に建っているか確認するようにしましょう。もし借地権の問題や売買が関係してきそうな場合は早めに相談できる底地取扱店を見つけておくと良いでしょう。